2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

表参道同潤会アパート

 ブログの更新は久々になってしまいました。最近Facebookで更新する方が簡単になってしまって、ついブログの更新が遅れてしまいます。すみません!

 絵も青葉の頃、4月のスケッチ会。表参道同潤会アパートのスケッチ。
 同潤会アパートの隣には、ガラス張りの表参道ヒルズがありますが、少しレトロな雰囲気の同潤会アパートの方が味があって魅かれます。
 東京は新しいビルが建つほど、歴史ある建物の良さが際立つような気がします。
 表参道は訪日客も増えていますね。この日もガイドさんのウォーキングツアーなのか、このポイントで説明する様子が何回か見られました。
001_751x1024

春の日本橋獅子像

3月、日本橋でスケッチ会がありました。日本橋のどこを描こうか?老舗の店先か、高島屋か三越のかっこいいファサードか?(いつものように)ウロウロした後、「やっぱりここかな」と思ったのが、日本橋。橋の両端に構える獅子像を描いてみたくなりました。

001_734x1024
 途中で迷ったのが、橋の上を横切る首都高を描くか、描かないか。絵は写真よりも自由だから、あえて「首都高が無い日本橋」を描いた絵も多いみたいです。私も、絵の上側半分も覆いそうな高速を、正直描きたくなかった!でもそうすると、向こう側の建物を目測で描かなくてはいけない、それも難しい~と気づいて断念。結局、少しだけ高速の幅をスリムに描いて仕上げました。
 高速が橋に不思議な陰影をつけているのも、よく見ると綺麗かも。描きはじめは肌寒い3月だったのに、描いて迷って色塗りをするうちに桜が咲きました。暖色が足りない画面を少し華やかにしたくて、桜も入れました。

三崎口と城ケ島

 先月、三浦海岸に行ってきました。三崎口でマグロを食べて、城ケ島を周りました。立春過ぎでも春先のような陽気。やっぱり南の方は暖かいですね~

1_001_726x1024_2
001_728x1024_3
001_728x1024_4
 城ケ島はリアス式海岸の岩場が、まるでゴジラの背中みたいに盛り上がって富士山まで伸びていきそう。岩場の先の釣り人が米粒みたいに小さく見えます。でもあんな場所で釣りをするのは気持ちいいだろうなあ。
 

谷中銀座の履物屋

 1月からあるスケッチ会に参加することになりました。今回の場所は谷中。夕焼けだんだんもスケッチポイントですが、真冬に描くには寒くて 時間がかかりそう。というわけで、谷中銀座の店先スケッチをF4で描いてみました。

001_744x1024
 和物の履物がずらりと並ぶお店。わらじ風のものは、室内用でしょうか。看板も素敵。通りの人も観光が多い様子。外国人観光客やカメラを持った日本人、コロッケや焼き芋などを買って歩いている人もよく見かけました。
 ひと休みした喫茶店で、店主のおばさんとお話しすると、「この辺もすっかり観光地になっちゃってねぇ~。昔は地元の人が使う店ばかりだったんだけど。」とぼやいていました。
 でも、東京では貴重な雰囲気の商店街。時々、懐かしい雰囲気を味わいにおじゃましたい街です。

銀座和光 新しいスケッチポイントから

 昨年のクリスマスシーズンに描いたスケッチが完成しました。(F6サイズ)

795x1024
 銀座4丁目のスケッチポイントといえば三愛ビルのドトールの窓際席だったのですが、今回は別のポイントから。去年出来た、銀座プレイスのカフェから銀座和光を眺めたところです。
 たまたま座った席がクリスマスツリーの前だったので、ラッキーでした。
 この銀座プレイスも面白いデザインですが、新しいビルが次々と建つほど、和光のクラシックな時計台の美しさが際立つような気がします。

金沢・福井 旅スケッチ

 昨年末、初めて北陸新幹線に乗って金沢に行ってきました。福井の三國温泉&金沢の2泊3日の小旅行を絵日記風に描いてみました。

 金沢は古い街並みや伝統工芸が素敵で、またゆっくり行ってみたい街です。
001_768x1024

001_749x1024

001_755x1024

2017年 年の初めに

 新年あけましておめでとうございます。

 去年最後の一枚は、10月に両親と訪れた広島の絵でした。原爆ドームを望む元安橋。観光客や修学旅行の学生で賑わっている様子を描いてみました。
 774x1024
 昨日大晦日にざっと仕上げたところなので、もうひと塗りくらい必要かも。。。
 広島は父の故郷なので観光ではなく、墓参や知り合いに会いに行く両親の付き添いのつもりで行きました。もう米寿の父ですが、久しぶりの故郷に行くと元気でスタスタ歩いて行くのでびっくり。でも一緒に行けることに感謝ですね。
 去年は、線スケッチをやり直してみたり、美術館ボランティアを始めたりで、何かと忙しい一年でしたが、お陰で新しく美術ファンの方々と知り合うことができました。小中学生の美術鑑賞教室のサポートは今年から面白くなりそう。
 描く方も、いろいろな刺激をもらいながら続けていけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

美術館ボランティア

 今月は何かと忙しいなぁと思っている間に月末になってしまいました。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 この春から新宿の損保ジャパン日本興亜美術館でボランティアガイドに参加して、「対話による鑑賞」というプログラムをサポートしています。

 それって何?っていうのは私も参加してみて、何となくわかってきたところです。美術館では区内の小中学生を対象にした鑑賞会を、なんと休館日の月曜日に開いています。美術館は貸切、ちょっと贅沢な時間ですよね~ 私も子供の頃、こんな経験をしてみたかったなあ。

 ただ見るのではなく、「よーく見て、感じて、考えて、話して、聞く」。自分の感想や意見を話して、友達の意見も聞くことが約束。ボランティアが上手にリードすると、面白い意見がどんどん出てくるのが、この鑑賞会の面白さです。

 詳しくは、前の館長さんが書かれた「月曜美術館」にまとめてあります。

 いま開催中なのが「カリエール展」。一見、静かで地味な印象ですが、どんな感想を聞けるのか、今期の鑑賞会が楽しみです。

Photo

射的山の白雲の木

 8月の北海道の絵が出来ました。「上野ファーム」で綺麗な花のガーデンを散々見た後、庭のはずれの射的山にあった大木にひとめぼれ。久しぶりにF10サイズで描いてみました。

893x1024
 射的山は、開拓時代に射撃の練習場だった場所だそうです。上まで登ると、緑のパッチワークみたいな畑や原っぱが360度見渡せます。
 木を描くのは鼻歌を歌いたくなるくらい楽しいけれど、手前のような原っぱはちょっと苦労します。(しかも上手く描けてないし) 
 花も十分綺麗なんだけれど、描きたくなるのは自然な風景のようです。

ワイルドな百合!(紫竹ガーデン)

  十勝の紫竹ガーデンは、一人のおばあさんが造り始めた庭。今は1万5000坪もの広大なガーデンになっています。あまりデザインを整えすぎず、植物を自然なままに育っている感じでした。

 なんといっても百合!好きなように大きくなって そこらじゅうで咲き誇ってました。ほとんど目の高さ、1m以上にまで伸びたワイルドな百合を描いてみました。
1024x782

«大雪森のガーデンと大雪山